【FEエンゲージ】邪竜ルナvs轟雷シトリニカ 6章⑥

FEエンゲージ

邪竜ルナvs轟雷シトリニカ 前説

前回:邪竜ルナvs轟雷シトリニカ 6章⑤

ついに大邪竜イルとの決戦。

時水晶は残り2回…。

まずは異形飛竜、ドラゴンナイトを捌きながらイルに毒を入れていきます。

唯一の回避地形でリュール、シトリニカの支援を受けながらゼルコバ!

必殺率の関係で、銀のナイフではなく(本編では使わない)カルドを使うのは面白いですね。

対イル戦ではメインアタッカーとして活躍。

ドラゴンナイトはいつも通りシトリニカで完封。

命中が足りない時はエクスカリバーに切り替えています。

異形飛竜を捌くのはスタルークかアイビー、クロエ。

スタルークは数ターンに一度、異界の力でイルに固定10ダメージを与える仕事もあります(ただし、炎上は無効の模様)。

ゼルコバ、リュール、シトリニカ、セアダスはイルへの攻撃パーティとして貼り付きます。

他メンバーはせっせと時計回りに召喚の渦を防ぎながら、増援に対処。

そして、ついにこの時が…。

1ゲージ目!

珍しいのと命中の関係でノヴァ使ってます。

召喚の渦が1周して増援も止んだところで…。

2ゲージ目!

と、ここで異常に気付きます。

イル様ストック回復してる…。

大邪竜イルの行動パターンは召喚渦と邪竜薙と即死範囲攻撃を繰り返すだけなのですが、何が原因なのか分かりません。

即死範囲攻撃で増援敵を吸収すればストック増えるのか…?とも思いましたが、敵増援は全てこちらで撃破しています。

異界の力の炎を地脈吸収してることも疑いましたが、そのようなこともなく。

謎。

幸い、それ以降の回復は無いようなので削り続けました。

誰か分かる方教えてください。

気を取り直して3ゲージ目!

(金蓮のダメージ半減効果を忘れて仕掛けてます…。危ない。)魔法には関係ないと後で知りました。ガバガバ。

この頃には増援が止んでいるので、召喚の渦を塞ぐ必要のないタイミングでは踏ん張り持ちのリュールとセリーヌも攻撃に加わっています。

4ゲージ目!

(同じく金蓮を失念中…。発動したら時水晶ムダ遣いになるところでした。)

ついにラストの5ゲージ目!

やっぱり最後は神器トロンで締めましょう。

時水晶は運良く使わずに残り2回のままでした。

という訳で、初の邪竜ルナを絆の指輪縛りでクリア!

最後に総評を書いてシリーズを締めくくります。

次回:邪竜ルナvs轟雷シトリニカ 総評

コメント

タイトルとURLをコピーしました