【FEエンゲージ】3行ストーリー解説①

FEエンゲージ

FEエンゲージのストーリーを各章3行くらいでふんわり解説。

序章 紋章士

仲間の援護を得て、敵の元に辿り着くリュール。

紋章士マルスとエンゲージし、邪悪な敵を討ち果たす。

第1章 目覚め

ベッドで目覚めたリュール。

記憶を失っていたが、自らが人々から崇拝される神竜だと聞かされる。

マルスとのエンゲージで謎の敵を退けた後、母である神竜王ルミエルと出会う。

第2章 神竜王ルミエル

母から世界の現況について聞かされたリュール。

来たるべき邪竜の復活に備えるべく、紋章士シグルドを顕現した母の軍と模擬戦を行う。

第3章 襲撃者

謎の敵勢力に襲撃された神竜王城。

フィレネ王子アルフレッドの助勢で紋章士の指輪の間に辿り着くが、ルミエルはリュールを庇って敵の凶弾に倒れ、指輪の大半が奪われる。

リュールは次代の神竜王として、世界を救うための指輪を集める旅に出る。

第4章 花の風車村

フィレネ王城への道中、指輪を持って敵から逃げる王女セリーヌと出会う。

紋章士セリカを顕現し、敵勢力を撃退。

その後、謎の少女ヴェイルと出会う。

第5章 王城奪還

イルシオン軍に占拠されたフィレネ王城に入る一行。

紋章士の指輪を狙って神竜王城を襲ったのもイルシオン兵であることが判明する。

敵軍を破り、イヴ女王を救い出す。

第6章 奪われた指輪

フィレネには、もう一つの指輪が国境付近の祠に隠されていた。

指輪を持ち出したユナカと共に紋章士ミカヤを顕現し、廃村の賊を倒す。

その後、謎の少女ヴェイルと再会する。

第7章 闇の紋章士

ブロディア国境で第二王子スタルークと合流した一行。

グランスール大橋にいたのは闇シンクロした紋章士を操るイルシオン第二王女オルテンシアだった。

これを退け、ブロディア王城へと向かう。

第8章 勇ましき王国

ブロディア国王モリオン、第一王子ディアマンドと邂逅し、若き獅子の指輪から紋章士ロイを顕現させたリュール。

イルシオン第一王女アイビーの侵攻を退け、賢王の指輪から紋章士リーフを顕現する。

第9章 激突

闇紋章士を扱うハイアシンス王に連れ去られたモリオン王。

捨て駒としてアイビーが立ち塞がるが、これを撃退。

目的地のデスタン大教会までの道を謎の少女ヴェイルに教えてもらう。

次回:3行ストーリー解説②

コメント

タイトルとURLをコピーしました